2012年07月04日

アルト・サックス / SYLPHIDE(シルフィード) / A-2000GL

SYLPHIDE A-2000GL 管理人が初めて買った,すでに思い入れ(大)の愛器第三号。「SYLPHIDE A-2000GL」。

 島村楽器で「セルマー シリーズ3」を試奏したついでに吹いてみたシルフィード。感想はまあまあ。
 女性店員Tさんがシルフィードの特徴を熱心に説明してくれた。教室の生徒さんは先生が奨めなくても「セルマーよりもシルフィードを選ぶ人が多い」とのこと。聞けば「シルフィードの開発者は福岡店のリペアマン」。すぐそこで仕事している~。

 セルマーか,シルフィードか,で揺れている時に目にしたA-2000GLの中古品。
 「こんな極上品が58000円はもうないですよ」。流石は高山質店。感想は最高に変化した。「MADE IN TAIWAN」の肉厚鋼鉄が効いている?
 いつの日かセルマーに買い換えるその日まで,しばらくは物欲封印! 楽器屋さんと高山質店には行かないようにしましょう。

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Cubeclock
livedoor プロフィール
記事検索
Recent Comments