楽器・アクセサリー:マウスピース

2012年08月26日

マウスピース / DUKOFF(デュコフ) / ALTO D5

DUKOFF ALTO D5-1 管理人の12年前の話はどこかで書いたかなぁ。12年前にアルト・サックスを始めようと思った時のアイドルがデヴィッド・サンボーンでして,アルト・サックス本体は知り合いにお借りしていましたが,やはり口につけるマウスピースは自前で揃えるのが紳士のたしなみ?ですし(Iさんは独身女性でしたし)。

 そこで迷わず選んだDUKOFFデュコフ)のデヴィッド・サンボーン・モデル。選択肢一択。音色とか吹きやすさなど考慮せず“画”が第一。アルト・サックスを吹くのにデヴィッド・サンボーンに“なりきれないなら”やる意味なし。
 なので上手に吹けなくとも大満足。所有しているだけで大満足。部屋にディスプレイしているだけで,時たまピーピー鳴らすだけでも大満足。デュコフの難しさを実感するのはこれからだと思います。

 そう。デュコフって入門者を“挫折させる”マウスピースだそうです。そんなことを最近,楽器屋のお姉さんからお聞きしました。
 でもいいのです。「SYLPHIDE A-2000GL」にはラバー製のマウスピースが付属していますが,まだ一度も吹いていませんし今後も吹くことないのかなぁ。気が向けば比較のためにラバーも吹いてみるかもしれませんが,ラバーに転向して上達しても意味がありません。デヴィッド・サンボーンに“なりきれないなら”上達しなくてもいいんです(キッパリ)。自分でもアホなこだわりだとは思いますが。

DUKOFF ALTO D5-2 そう言えば,クレモナ楽器と島村楽器にセルマーの「シリーズ2」と「シリーズ3」を試奏しに行った時「ラバーのマウスピースはお持ちでないですか?」みたいなことを尋ねられた。
 要はデュコフで吹いたら本体の特徴の違いが分かり難いってこと。本体の個性以上に音色を決定付けるデュコフ恐ろしや~。管理人のオリジナリティなど感じなくてもいいんです。「デヴィッド・サンボーンっぽい」って言われることが目標で~す。

 なので矢野沙織が,チャーリー・パーカーにそっくりと言われるのが快感,というその思いに共感してしまいます。沙織ちゃんに影響されているんでしょうねっ。トホホ。

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)
take_the_a_sax at 23:27|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年08月25日

マウスピースについての解説

 以下の解説は,管理人がアルト・サックスを始めるにあたって学んだ,マウスピースについての「正確な知識」の一覧である。

●ネックと口をつなぐ音色や吹奏感などは決定づける重要パーツ。マウスピースリードリガチャーで固定する。
●材質:ラバー,木製,メタルなど。
マウスピースの構造:
1)ディップ・オープニング:間隔が広いと音量変化をつけやすく,間隔が狭いとコントロールしやすい。番号の小さなものは狭く番号の大きなものほど広くなる。
2)バッフル:ハイバッフルは音色が明るく,ローバッフルは音色が暗くなる。
3)チェンバー:容積が大きくなると音色が暗くなり,容積が小さくなると音色が明るくなる。
4)フェイシング:ショートだと音色はブライトだが音は細く低音が出しづらい。ロングだとダークな音色の傾向で音のコントロールが難しくなる。
5)ディップレール:狭いレールは音にニュアンスを付けやすく,音の立ち上がりも速い反面,音の裏返りやリードミスなどが起こりやすい。広いレールは音のボリュームが出しづらく,音のニュアンスも付けづらいがリードミスは起こりにくい。
●ラバー/木製品はローバッフルでラージチェンバーのダークなサウンド傾向。メタルはハイバッフルでスモールチェンバーの明るいサウンド傾向。
マウスピースを深くくわえると音量は大きくなるが音のコントロールが難しくなり,浅くくわえると音量は小さくなるが音のコントロールが容易になる。

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)
take_the_a_sax at 23:01|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
Cubeclock
livedoor プロフィール
記事検索
Recent Comments